カードローンとキャッシングは異なるのか

カードローンとキャッシングは異なるのか

カードローンとキャッシングはそれぞれ返済の仕組みがあり、同じところもあれば、根本的に違う部分もあります。
事前に返済期間を決めてしまってから月々の返済額を求める方法が、カードローンの残高スライドリボルビング方式では採用されます。
毎月おなじ金額を返済していく方法と比べると返済期間は長くなってしまいます。
残高に応じて月々の返済金を少なくしていけることで、返済の負担をコントロールできる方法です。
かつてはローンと呼ばれていました。
専用カードを利用することによってATMで借入れや返済がきるようになりカードローンへと移行していきました。
キャッシングにおいても、ATMを使うやり方が定番になってきているといいます。
カードローンは、毎月コツコツと返済していく大きな借り入れがよく行われていました。
一括返済を前提として融資を受けるのがキャッシングでした。
元をたどれば、キャッシングは小口の現金融資に、カードローンは大口の買い物をするための金融商品でした。
最近では、カードローンとキャッシングの境目はかなりあいまいになっています。
カードローンにも小口融資をしてくれるものもありますし、キャッシングの方でも毎月の分割払いでの返済が主流となっています。